解剖学の概要と歴史について考えよう

研究対象により、植物解剖学と動物解剖学とに分けられるが、医学における解剖学は後者の一部をなす人体解剖学 (human anatomy e., Menschenanatomie d.) である。人体解剖学は、ヒトのからだ(身体)のつくりや形について学ぶ学問である。 構造を明らかにするためには、外部のみではなく、内部を細かく分けて研究しなければならない。anatomyとは、(ana) 相互にあるいは下から上に (tomia) 切るという意味であり、まさに解きわける(剖)と言うことである。『生命形態の自然誌』[1]によると、解剖とは「解」も「剖」も共に刀で切る象形であり、anatomia etc の欧語は古代ギリシャ語の ana-temnein(ana:up,temno:cut)=cut up(切り尽くす)に由来する。

解剖の歴史は古く、紀元前3500年頃に古代エジプトで記述され、紀元前1700年頃に写筆されたエドウィン・スミス・パピルスには頭蓋縫合や脳表面の状態といったことが事細かに記述されており、この時代にはすでに人体解剖が行われていたと推測されている。 古代ギリシャの哲人であるヒポクラテスが、ヤギの頭を切り開いて脳を調べた他、様々な解剖学についての記述が、ヒポクラテスの弟子が編纂した「ヒポクラテス著作集」に記述されている[2]。 またその100年ほど後、アレキサンドリアの医師であったヘロフィロスが人体解剖を行ったと言われている[3]。 しかしながら死者崇拝や、来世のために遺体をそのままの状態で保存するという考えに押されてアレキサンドリアの人体解剖は禁止され、千年以上の間、新たな知識が生まれることはなかった。 再び解剖学が活発な動きを見せたのはルネサンス期である。1500年代に入るとボローニャ大学で体系立てた解剖学の研究が始められ、1543年、アンドレアス・ヴェサリウスは実際に解剖して見たものを詳細に著した“De humani corporis fabrica”(人体の構造)を出版し、近代解剖学の基礎を築いた。

日本における人体解剖は宝暦4年(1754年)閏2月7日、山脇東洋が京都で刑屍に行なったのが最初であるとされる。その後、明和4、5年(1767年、1768年)には東洋の子の玄侃が、7年(1770年)に荻野元凱、河田信任などが、刑屍を解剖したが、前野良沢、杉田玄白などが小塚原で解剖を行なったのは8年(1771年)3月4日のことである。寛政5年(1793年)に晁俊章が、8年(1796年)に柚木太淳が、10年(1798年)施薬院三雲が、刑屍の解剖を行なって記録を残した。呉秀三によれば、山脇東洋の宝暦4年(1754年)の解剖から、田代万貞、半井仲庵などが文久元年(1861年)福井で行なった解剖まで、記録に残るだけで34回に達しているという。解剖が系統的に行なわれる用になったのは明治3年(1870年)以後である。ただし、明治2年(1869年)に井上美幾女の死体が解剖された事があり、その墓は東京白山の念速寺にある[4]。3年長谷川泰、石黒忠悳により大学東校から解剖のことを弁官に申請し、裁可を得た。すなわち同年10月20日付の申請に対して即日、「可為伺之通事」という裁可があった。同月27日に清三郎の死体が第一号として解剖され、12月までに52体集まった。その中には雲井龍雄の死体もあった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私が看護師になった理由part1

看護師さんが、看護師を目指す理由は、様々ですが、大概、ご自身の知るどなたかが、病気をして、それを優しく介護してくれた看護師さんに憧れて看護師を目指すという方が、非常に多いです。 また、看護師という職業は、人を助けるという仕事ともなりますから、人を助ける仕事がしたいという思いから、看護師を目指したという看護師さんも多いです。

又、人の役に立ちたい、人の世話をしたい、という気持ちが強い傾向の方も、看護師さんに憧れ、看護師となるようです。 中には、外国で看護師としての活躍を希望する、英会話勉強中の看護師さんも存在し、学生時代のボランティア活動が、看護師の道を目指すきっかけとなったという方もおられます。 また、たいていの場合はこういった求人サイトを経由するのが多いようです。

看護師を目指す、看護師なる事を目的とする方は、やはり人のために何かをしてあげたいとか、人の役に立ちたいという志が強い方が、この看護師という道を目指し、実際看護師として活躍されているという事が言えます。 もちろんOLから看護師になったという方も存在し、この看護師さんの場合も、やはり、人のためになるような仕事をしたいという思いから、看護師という道を選択したと言いますので、『人のために』『人の役に立つ』という思いが強い傾向の方は、看護師という道を選択する事が多いようです。

看護師さんが看護師を選択した理由には、やはり以上の事が一番大きな原因と思いますが、身内に大きな病気を患い、この世を去ったという悲しい思い出等が存在する場合、この時、私が看護師なら、助けられた、処置が行えた、という思いから、看護師を目指し看護師となったという方も多いので、看護師になる理由には大きく分けて、『看護師自体の職業へのあこがれ』と『人のために仕事をしたい』『人の役に立つ仕事がしたい』という方、『病気の人に対しあの時何もできなかった』という気持ちから看護師になったという方に分かれます。

もちろん、こうした理由以外にも、看護師になったという看護師さんも存在しますが、大きく分けて、やはりダントツに多い理由が、看護師というものへの憧れと、人のための職業を選択したかったという事になります。 看護師という職業は、もちろん看護師不足等も問題視、過重な労働を強いられる職業である事は、間違えありませんが、看護師さん自身は、このような過重な労働でも、それ以上に患者さんによる見返りが得られると言いますので、看護師になられた事に充実感を感じる看護師さんは、非常に多いようです。

ただし、現実的には、看護師としての道が正しかったのか、わからないと悩まれる看護師も実在しますので、看護師それぞれの環境により、今看護師をしていてよかったのか?という部分は、よくないと答える看護師も実は多い事も確かなのです。

人間の顔

人間の頭部の正面の大部分を占めるのが顔である。下は顎の先端から上は頭髪の生え際まで、左右は耳までがほぼ顔である。子供の顔は眉毛以外に濃い毛の生えた面積がない。顔 たるみに要注意!

ピロリ菌の感染

ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃癌やMALTリンパ腫などの発生につながることが報告されている。ピロリ菌 症状。細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となりうることが明らかになっている唯一の病原体である。

近視とは

近視(きんし)は、屈折異常のひとつで、眼球内に入ってきた平行光線が、調節力を働かせていない状態で、網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態。近眼(きんがん、ちかめ)ともいう。視力回復 方法に人気が集まる。

記憶とは

記憶(きおく)とは、脳に蓄積される情報。 記憶の分類法はさまざまだが、スクワイアの記憶分類という分類法が最も一般的である。ただし、記憶術 やり方には色々あります。